Featured post

インフルエンザ予防接種開始のお知らせ

10月1日より、当院にてインフルエンザ予防接種を開始しました。

1歳~12歳 原則2回(2-4週間隔 4週がおすすめです)
13歳以上 原則1回

接種料金

1歳~12歳
(神戸市在住)
1回目 2000円 / 2回目 3500円
18歳未満の兄弟がいる方:2回目 2000円(※)
13歳~64歳 3800円
65歳以上
(神戸市在住)
1500円

※兄弟がいらっしゃる方は金額の助成が受けられるため、必ず兄弟の分の母子手帳をご持参ください。受付にて確認ができた場合のみ助成を受けた金額で接種していただけます。

※コロナワクチン接種を受けられた方は、2週間以上間隔を開けてください

緑内障に対する新しいレーザー治療について

当院では、緑内障に対する新しい治療として、低出力のマイクロパルスレーザー(以下、MLT)を使用した緑内障治療を実施しております。
MLTを施術により、眼圧を下げ、日々の緑内障点眼を減らすことが可能となりました。

1. 開放隅角緑内障とは?

眼の中には「房水」という水があります。眼内の房水は角膜と水晶体の健康を保つために、たえずバランスのとれた速度で産生・排出されています。ところが、排水部分である繊維柱体が目詰まりをおこすと、眼圧上昇が生じ、視神経が弱ってしまい、視野狭窄や視力低下、失明に至ってしまいます。

 

 

 2.  緑内障の治療法について

<点眼薬>

一般的な治療法ですが、生涯にわたって点眼を続ける必要があります。時に副作用が原因で使用できない場合があります。

<レーザー治療>

レーザー治療(MLT)は合併症の少ない治療法で、どの過程においても選択が可能な治療です。ただし、効果が不十分な場合もあります。

<外科的手術>

点眼薬やレーザー治療によっても目標眼圧に到達できず、このままでは進行のリスクが非常に高い場合に選択されることが一般的です。

3.MLT(マイクロパルスレーザー線維柱体形成術)とは?

マイクロパルスレーザーを房水の流出路である繊維柱体に照射することにより、線維柱体を障害することなく眼圧下降が期待できる治療法となります。

1回のレーザー治療で、2~3年間効果を持続することができ、点眼治療のような粉らわしさがありません。また、繰り返し施術が可能なため、一定期間の点眼を減らす事ができたり、点眼なしで経過観察が可能だったりします。
ただし、効果には個人差がありますので、レーザー治療後に十分な眼圧下降効果が認められなければ、点眼治療など別の治療を追加する必要があります。

4.レーザー治療はどのように行われるか?

麻酔薬の目薬をした後に、レーザー用のコンタクトレンズをつけて行います。通常、痛みはありません。5分から10分程度でレーザー治療は終わります。また、まれにレーザーの追加が必要な場合があります。施術当日は特に安静の必要はなく、ふだんの生活を過ごすことができます。

下図のように、線維柱体の全周に140~150発のレーザーを照射します

5.レーザー治療の危険性は

虹彩炎症をおこす事、一過性の眼圧上昇を起こす事はありますが、基本的には非常に低出力で安全なレーザー治療なので眼内構造に損傷を及ぼすことは少ないです。

  • 費用

MLTは保険治療となります。片眼あたり

1割負担 約9660円

2割負担 約19320円

3割負担 約28980円

 

年末年始の休診のお知らせ

誠に勝手ながら、下記の期間は当院はお休みさせていただきます。

休診期間: 2023年12月29日(金) ~ 2024年1月4日(木)

なお、通常の診療は休診期間明けの2024年1月5日(金)から通常通り再開いたします。

よろしお願いいたします。

マイナンバーカードを利用したオンライン資格確認の導入に関して

きしもと眼科、院長の岸本です。

この度、厚労省/社保支払基金からマイナンバーカードを利用した「オンライン資格確認システム」の運用を行うよう要請あり、この度当院窓口においても機器設置が完了したため令和5年8月1日より上記システムの運用を開始としました。

これまで従来通りの健康保険証での受診も可能ですが、マイナンバーカードをお持ちの方は、接触の削減や受付の手続き簡略化にも有効ですので、健康保険証としての利用申し込みを済まされている方は窓口端末において保険の資格確認が行えます。

公費負担医療制度(福祉医療、難病医療等)をご利用中の方については、各種証書のご提示は引き続き必要となります。また、生活保護受給者の方も同様に医療券の持参が必要です。これらにつきましては従来通り、各種証明書を窓口にご提示頂きますよう宜しくお願いします。

勝手が変わり面倒にはなりますが、国の方針に従って対応させていただきますのでよろしくお願いいたします。

 

新しいYAGレーザーを導入しました

院長の岸本です。
開院から早くも7年目となりました。
今回NIDEK社の新しいYAGレーザー YC-200を導入しました。
YAGレーザーは以前こちらのブログにも紹介させていただいたのですが
白内障手術後に視力が低下してきたときに使用されるレーザーとなります。

通常、白内障手術の際には水晶体の袋の中に人工レンズを固定する手術となるのですが
手術から時間が経過すると袋自体が濁ってくる場合があります。
これを後発白内障といいます。
このYAGレーザーを使用することにより袋の濁りを除去することができます。

今回の新しいYAGレーザーの機械の特徴は顕微鏡の性能が非常に良いために視認性が非常にあり操作しやすくレーザーの誤発を極力減らすことができます。
かつ、レーザーの切れ味が非常によいためレーザーを必要最小限にレーザーの処置ができるメリットがあります。

ぜひ、白内障手術後の視力低下を感じた方は来院ください。
どんどん、患者様にとってメリットがあれば新しい機器を導入していきますので今後ともよろしくお願います。

 

夏季休診のお知らせ

いつも、きしもと眼科を受診していただきまして誠にありがとうございます。

夏季休診のお知らせです。

誠に勝手ながら、下記の期間は夏季休診とさせていただきます。

休診期間: 2023年8月11日(金曜日)から8月15日(火曜日)まで

ご迷惑をおかけいたしますが、この期間は診療をお休みさせていただきます。

より良いサービスの提供に向けて、スタッフ一同努めてまいります。引き続き当眼科をご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

新しいコンタクトレンズの取り扱いについて

本日よりボシュロムのアクアロックスワンデーUVシンの取り扱いを開始いたしました。1日使い捨てタイプのコンタクトレンズとなります。

CMで見られた方も多いと思いますが平野紫耀さんが宣伝されている新しいコンタクトレンズとなります。
ボシュロム史上もっとも完成されたといわれる使い捨てのシリコンハイドロゲルレンズとなります。
うるおいと快適性を重視したレンズで16時間くらいうるおいをキープできUVカットもついているというレンズになります。
トライアルレンズも準備しておりますので気になる方は是非来院してください。

https://aqualox.jp/

リニューアルのお知らせ(5月10日から)

しばらくGWおよび、受付のリニューアルに伴い休診させていただいておりました。
その間にも、多くの患者様にお越しいただいたようなのでご迷惑をおかけいたしました。

5月9日(火曜日)は手術の患者様のみの対応をさせていただきます。
5月10日(水曜日)より通常診療となりますのでお間違えの無いようによろしくお願いいたします。

 

GW中の休診のお知らせ

ご覧いただきましてありがとうございます。
今回のGW期間中に、受付の改装を予定しておりますので、通常より長めに休診期間を取っておりますので確認をお願いいたします。

5月1日(月)午後診察~5月9日(火)まで休診となります。

5月1日午前診察、5月9日の午後の手術は通常通り行います

花粉症の方用のコンタクトレンズについて

先週くらいより花粉症の方の診察が非常に増えてきております。
今年は昨年より花粉量もかなり多いようです。
当院では花粉症の方には点眼、および鼻水、咳症状も強い方には同時に内服処方もしております。

この時期はコンタクトレンズされている方は特に大変になります。
当院ではアレルギーの方向けのコンタクトレンズを扱っております。

J&J社のワンデーアキュビュー セラビジョンアレルケアという商品を扱っております。
世界初の抗アレルギー剤を配合したコンタクトレンズとなります。

普段は普通のコンタクトレンズを使用中の方でも花粉症の今の時期だけでもこちらを使っていただければつらい目のかゆみも楽になるかもしれません。
ぜひお試しください。

https://acuvuevision.jp/contact-lenses/acuvue-1-day-allercare#

 

 

薬のみの処方に関して

よく診察なしで薬のみ処方してくださいという依頼を受けますが
無診察治療(処方)の禁止という決まりがあります。

医師法20条

医師は、自ら診療しないで治療をし、もしくは診断書、処方箋を交付してはならない

とあります。この規定に違反した場合50万以下の罰金という刑罰も定められております。保険診療は国が定めたルールに従っていかなければなりません。

確かに症状が安定しており同じ薬でいいから、とおっしゃられる気持ちは分かるのですが違反した場合、今後のクリニックの運営にも関わってきますのでご遠慮ください。

ただし、例外がないわけではなくて、患者様の事情でどうしても診察にこれないこともありますので、その場合は家族に病状を聞いたうえでの処方箋の発行は認められております。