オルソケラトロジーは手術のいらない視力矯正治療です。

夜寝る前に専用コンタクトレンズをつけて、就寝中に角膜の形状をやや平坦化させ、視力を回復させることで日中の裸眼生活が可能になります。治療の仕組みや安全性・メリットなどご紹介いたします。

オルソケラトロジーとは

オルソケラトロジーレンズ

オルソケラトロジーレンズ

オルソケラトロジーは、就寝時に特殊な酸素透過性のあるコンタクトレンズを使用し、角膜の形状を平坦化させることにより、視力を改善させる近視矯正法のことです。
就寝前にレンズを装着することにより、日中は眼鏡、コンタクトレンズなしで生活することができます。

オルソケラトロジーを学童期の近視の進行しやすい時期に使用することにより、2年間で3~6割の程度の近視の抑制効果が期待できるといわれています。

オルソケラトロジーの仕組み

いままでのコンタクトレンズとは逆の使い方で、夜寝る時にレンズを装用し、朝起きて外すだけで角膜の形状が変化し視力が回復します。
回復した視力は一定期間維持され、日中は裸眼でも良く見えるようになります。画期的な最新の近視矯正法として、現在世界的に注目を浴びています。

  • 矯正前

    矯正前

  • レンズ装用中(就寝中)

    レンズ装用中(就寝中)

  • 矯正後

    矯正後

  • 寝る前にレンズを装用します。

  • 角膜の形状を正常な屈折状態にします。

  • 翌朝レンズを外すと視力回復しています。

オルソケラトロジーのメリット

メガネやコンタクトレンズが煩わしい方へ

1
メガネやコンタクトレンズが煩わしい方へ

職業上メガネの使用が難しかったり、「時間がたつとゴロゴロする」「夕方になると充血しがち」等、コンタクトレンズの不快感から解放されたい方へ。日中は裸眼で生活出来ます。

裸眼でスポーツを楽しみたい方へ

2裸眼でスポーツを楽しみたい方へ

野球・サッカー等のスポーツや、水泳・サーフィン・スキューバーダイビング等の水中のスポーツをされる方へ、裸眼で安全にスポーツを楽しめます。

外科的手術のレーシックや眼内にレンズをインプラントすること等に抵抗がある方へ

3
外科的手術のレーシックや眼内にレンズをインプラントすること等に抵抗がある方へ

「手術なのでやはりこわい」、「術後の感染症などが不安」という方へ。オルソケラトロジーなら、レンズの装用を中止すれば角膜は元の状態に戻りますので安心です。

近視進行の抑制効果があります

4近視進行の抑制効果があります

オルソケラトロジーを継続すると、近視の進行が抑制されます。特に仮性近視の方や、角膜が柔らかい若年層の方に効果があります。

取り扱いは簡単!

5取り扱いは簡単!

レンズの取り扱いは一般のハードコンタクトレンズと同様です。
また、夜間装用なので、日中装用のようにホコリやゴミなどが目に入ることもなく、目への負担やレンズを破損・紛失するリスクも少なくなり、ケア用品を持ち歩く必要もありません。

オルソケラトロジーは目にやさしい

6オルソケラトロジーは目にやさしい

日中にまばたきをする回数は1万回以上。しかし、オルソケラトロジーは夜間装用ですので、まばたきのたびに起こるまぶたの裏とレンズとの摩擦が少なく、目にやさしい快適な装用感です。

オルソケラトロジーの安全性

オルソケラトロジーは、アメリカで30年以上前から研究・施術され、現在、アメリカ・ヨーロッパ・アジアを中心に、世界各国でその安全性と効果が認められ、実施されております。レーシック等の外科的手術と異なり、レンズの装用を中止すれば、角膜の形状は元に戻りますので、安心してお使いいただけます。 また、日中装用のコンタクトレンズとくらべても、夜間の装用なので、ほこり等が目に入ったりせず、レンズを紛失する心配も減るなど、安全・快適にお使いいただくことが出来、リスクは一般のコンタクトレンズと同等またはそれ以下となります。

使用するレンズについて

マイエメラルド自由診療

マイエメラルド

当院で使用しますオルソケラトロジーレンズ:マイエメラルド(Emerald™)は、米国FDA・ヨーロッパCEマーク認可の長年世界各国で使用実績のあるレンズになります。
アジア各国でも長年使用実績があり、日本国内でも複数の大学病院にて臨床試験が行われ、日本人の角膜形状に対して効果と安全性が厚生労働省に認可されております。
マイエメラルドのホームページはこちら ≫

マイエメラルド(Emerald™)の特徴

  • オルソケラトロジー発祥の国アメリカをはじめ、ヨーロッパ・アジア各国等、長年にわたる世界中での実績。日本国内でも取扱い実績No.1のレンズになります。
  • Auto-Fit™systemによる、優れたレンズセンタリングと、他社レンズよりも早い矯正効果
    ※矯正効果は近視の度合い等個人差がございます。
  • レンズ素材は、高酸素透過性コンタクトレンズの世界的な代表製品Bostonシリーズ(ボシュロム社)を採用。国内臨床試験でもレンズ装用期間中、角膜内皮細胞数に有意差のない結果が出ており、角膜にやさしいレンズです。

マイエメラルドのレンズデザイン

マイエメラルドのレンズデザイン

オルソケラトロジーの処方費用・保証について

オルソケラトロジーは健康保険適応外のため自費診療扱いとなります。

オルソケラトロジー治療費用15万円(税別)7万5,000円(税別)

保証

→ 6か月以内のレンズ破損は左右1回ずつとなります。(紛失は対象外)
→ 3か月以内であれば、左右1回ずつレンズの規格を変更できます。

レンズ交換破損・紛失・更新の場合4万円(税別)

1週間のトライアルについて5万円(税別)

本格的なオルソケラトロジーの治療を開始する前に、1週間、レンズをご自宅でお試しいただけます。
その後、オルソケラトロジーを継続される場合は、トライアル費用を差し引いた残額の10万円(税込)をお支払い願います。
継続されない場合はレンズを返却の上、トライアル費用5万円(税別)のうちの3万円(税別)をお支払いしていただきます。残りの2万円(税別)はご返金いたします。

定期検査料3,000円(税別)

検診は、1週間後・1ヶ月後・3ヵ月後・6ヵ月後となり、以降3ヵ月ごとの検診となります。

医療費控除について

医療費控除の対象になりますので、10万円を越した費用は補助が得られます。
詳しくは下記、国税庁による回答ページをご覧ください。

オルソケラトロジー(角膜矯正療法)による近視治療に係る費用の医療費控除はこちら »

治療の流れ

初診のご予約
テスト装用

定期検診

検診は、1週間後・1ヶ月後・3ヵ月後・6ヵ月後となり、以降3ヵ月ごとの検診となります。

定期検診

よくあるご質問

すぐに視力は回復しますか?

若年層の方で、比較的近視が軽ければ、1時間のレンズ装用で1.0以上に矯正出来ることもあります。年齢や近視の度合い等個人差によりますが、適応範囲の方では、ほとんどの方が1週間前後で十分な視力を得られます。

レンズの扱いは難しくないですか?

多少注意を要しますが、基本的な扱いは通常のハードコンタクトレンズと変わりません。

レンズの装用は痛くないですか?

通常のコンタクトレンズ同様、レンズに慣れるまでは装用感が気になることがあります。痛みや違和感が続く場合は、ご相談ください。

オルソケラトロジー治療はどんな人に向いていますか?

スポーツをされている方、コンタクトレンズや眼鏡の装用が煩わしい方、職業上、または、資格取得のために裸眼視力が必要な方に適しています。

オルソケラトロジー治療に向かない人はどんな人ですか?

強度の近視・乱視の方や、他の眼疾患のある方には適応出来ない場合がございます。いずれも適応検査の結果をもとに担当医師が判断いたします。