Author Archives: 院長

☆募集終了のお知らせ

常勤スタッフの寿退社にて、急遽、求人募集をさせておりましたが、本日、採用人数に達しましたため終了させていただきました。
今回、応募いただきました方、面接をさせていただいた方、本当にありがとうございました。

タウンワークにて3週連続掲載予定となっておりますので募集掲載があると思いますが募集自体は終了しておりますのでご了承ください。

新しいスタッフとともに今後も頑張っていきたいと思います。
また募集の際はHPにて案内させていただきます。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

☆小児の近視患者様を対象とした治験のお知らせ

近視の進行抑制に力を入れている、きしもと眼科の岸本です。

今回、当院にて新たな取り組みを開始することになりました。

化学合成や、植物、土壌中の菌、海洋生物などから発見された物質の中から、試験管の中での実験や動物実験により、病気に 効果があり、人に使用しても安全と予測されるものが「くすりの候補」として選ばれます。この「くすりの候補」の開発の最終段階では、健康な人や患者さんの協力によって、人での効果と安全性を調べることが必要です。
こうして得られた成績を国が審査して、病気の治療に必要で、かつ安全に使っていけると承認されたものが「くすり」となります。

人における試験を一般に「臨床試験」といいますが、「くすりの候補」を用いて国の承認を得るための成績を集める臨床試験は、特に「治験」と呼ばれています。

参加条件は上記以外にも細かい規定があるために、希望に添えないことがありますので当院にて相談ください。

 

 

 

 

 

 

日本近視学会に所属いたしました

神戸市東灘区のきしもと眼科は午後は多数の小児の近視の患者様が来られます。
このたび、さらなる勉強のために日本近視学会に所属いたしました。

こちらは日本近視学会による親子で学ぶ近視予防サイトのリンクとなります。

https://kinshi-yobou.com/

こちらにても近視の予防は

1.低濃度アトロピン点眼(マイオピン)による予防
2.オルソケラトロジーによる予防
3.多焦点ソフトコンタクトレンズによる予防
4.特殊なメガネによる予防

が言われているようですが3.4については現在のところ有用なエビデンスはないようです。4に関しては以前当院にても処方しておりましたが現在は作っているレンズメーカーがないようで中止しております。

これからも積極的な予防法があれば採用していきたく考えております。

 

サンテウェルビジョンの取り扱い開始しました。

天気が悪く梅雨入りが近づいてきました( ゚Д゚)

このたび、きしもと眼科では6月発売の新しいサプリメント、参天製薬より発売されたばかりのサンテウェルビジョンを早速導入いたしました。先日、院内にて勉強会をしたところです。

これは眼(水晶体)の老化に関連している酸化糖化に着目したサプリメントとなります。酸化と糖化が進むとたんぱく質の変化が起こり眼では水晶体の硬化、や混濁がおこることにより老眼、白内障が進行します。そのため近くのみづらさ、目がかすむ、薄暗いと見えづらいなどの症状がでてきます。ルテインとヒシ果皮ポリフェノールを配合されております。アンチエイジングにもよいかと思います。

の老化を予防するサプリメントとなります。価格は税込みで4000円と設定させていただきました。
老眼の始まるくらいの年齢である早速、私も飲み始めました。サプリメントなので効果の実感には時間がかかると思いますが飲み続けようと思います!(^^)!

https://wlv.santen-suppli.com/product-buy-form/wlv

 

 

オルソケラトロジープレミアムのお知らせ

先日よりオルソケラトロジーを開始したばかりなのですが
このたびオルソケラトロジープレミアムを開始することになりました。

何か違うかと申しますと
従来オルソケラトロジーが不可能だった症例にも使用できることになりました。
具体的には
角膜乱視の度数が強く以前はオルソの適応がない方にも使用できるようになりました。

完全オーダーメードとなりますので角膜形状より本人様にあったレンズを作成いたします。

 

☆区民健康講座にて講演することになりました☆

開院から、この5月で無事2年を迎えることになりました。
このたび医師会のほうより依頼をいただきまして目について市民講座を行うことになりました。

現在内容については誠意作成中でございます(汗

2019年7月12日 13時30分~15時くらいまで

いつまでも良く見える人生のために

~最新の白内障手術と緑内障について~

 

場所は 東灘区医師会館 3階
入場料無料 手話通訳あり

http://www.kobe-med.or.jp/hnada/lecture/index.html

白内障の原因、治療、最新の白内障手術、当院での取り組みなど深くお話できればと考えておりまます。白内障の部分が多くなりそうなので緑内障がどこまでできるか不安なのですが・・

皆様 そろって 参加をお待ちしております。

学校健診の時期になりました

学校健診の時期になり午後の診察は時間帯によっては混み合っています。

なるべく予約を取ったうえで来院ください。

学校健診で視力低下を指摘されて来られる方が主ですがただの近視、遠視による
視力低下ならまだしも斜視、弱視を合併されている方も見かけます。
それによりいくら眼鏡をかけても視力が上がってこないこともあります。

視力の上昇が見込める年齢も大体8歳程度までといわれておりそれ以降になれば
いくら治療しても矯正視力の改善には限界があるといわれております。
手遅れになるまでに来院いただければと思います。

当院では近視治療として まずは 1.点眼治療 2.ワック
をまず開始していただきそれでも改善してこない場合は

眼鏡をかけて頂く、もしくは自由診療として近視の進行を抑えるために

1.マイオピン治療 2.オルソケラトロジー

と豊富な治療をそろえております。学校健診でお困りの方はぜひ来院ください。

http://kishimoto-eye.com/myopia-treatment.php

詳しくは上記をご覧ください。