Category Archives: きしもと眼科ブログ

新型コロナ対策に院内清掃を行いました

皆様が安心して来院できますように、新型コロナ対策の1つとして院内の大清掃をしました。
専門の業者に依頼しての清掃となりましたが院内の器具を全て除去してからの清掃となりましたのでまる2日ががかりとなりました。

ついでにエアコンの分解清掃、換気扇の追加なども実施しております。

おかげで床も非常に綺麗になり新品みたいになりました。

 

当院での定期的な勉強会の様子です

夏季休業が本日で終わり明日より通常診療となります。

当院では以前にも上げましたが、月に2、3回ほどスタッフ教育、診療のアップデートを目的に勉強会をしております。プロジェクターを使用しているため画像は暗いですが・・。

医療は常に進歩しており日々勉強が大切だと実感させられます。
なるべく新しい診療を患者様に提供できるようにスタッフともども研鑽に励んでおります。

 

 

新型コロナウイルスへ対策と患者様へのお願い

当院では患者様とスタッフの安全を最優先し以下の対応を行っております

1.受付に防護シートの設置、入り口にアルコール消毒設置、入り口自動ドアの開口、定期的なソファー、ドアの消毒をしております。

2.スタッフ全員、常に防護マスク、防護マスク、手袋を着用し手洗いを励行しております。

3.感染症の疑いのある方は入り口外の玄関での診察をしております。もし充血、発熱症状を認める方は入り口のチャイムを押して知らせください。

4.マスク着用の患者様は検査や診察の際もマスクを外さずにお願いします。

5.受付カウンターの前に消毒アルコールを設置しております。来院時と会計の際にご利用ください。

先進医療保険を用いた白内障手術に関して

先進医療保険特約を用いた多焦点眼内レンズを用いた白内障手術に関してですが、恐らく令和2年3月末で診療報酬改定にて使用できなくなる見込みです。

今後、多焦点眼内レンズの手術が完全に自由診療になるかどうかは未定とのことですが、後日決定次第、詳細はお知らせできると思います。

もし先進医療特約を付けておられいる方で、多焦点眼内レンズを使用した白内障手術を希望される方は3月末までにされることをお勧めします。

アジマイシン点眼液の勉強会を行いました

神戸市東灘区のきしもと眼科の院長です。きしもと眼科ではスタッフ研修、およびアップデートのために不定期ですが勉強会を行っております。

今回、千寿製薬より新しく発売されましたアジマイシン点眼液の勉強会を行いました。
現在 抗菌点眼としての第一選択薬はほぼ、ニューキノロン系となっている中、マクロライド系の抗生物質の点眼液となります。成人及び7歳以上の小児の結膜炎と、成人の眼瞼炎、麦粒腫、涙嚢炎に用いられます。

マイボーム腺機能不全(MGDはドライアイの主因であり、眼瞼炎の一因です。通常の抗菌薬点眼では効果が乏しいMGDに効果があるとのことです。分泌増加型MGDに対してはあまり病態がわかっておらず、これといった特効薬もありませんでした。
しかし、アジマイシン点眼の登場により分泌増加型のMGDに対して効果があり今後の治療に生かせると考えています。

見た目にまぶた周囲の赤み、違和感、睫毛周囲の汚れ、睫毛の脱落、睫毛の位置異常など気になる点がある方は是非お試しいただければと思います。

 

 

最新のアイケア(眼圧測定器)を導入しました

神戸市東灘区 のきしもと眼科です。

今回、またまた最新の眼圧計を導入しました。
もともと当院には空気の圧により測定するノンコンタクトトノメーター、診察室で直接プロープを目に当てて測定するアプラネーショントノメーターとの2通りの測定方法がありました。

しかし、どうしてもそれでは眼圧測定が難しい方もいらっしゃいました。車いすの方、上記の測定が苦手な方、先端恐怖症の方、往診にても直接眼圧を測定することが可能となります。数秒で測定することができますので従来の眼圧測定が苦手な方は是非こちらで測定させていただきます。

原理としては直径が1.7mmのマッチ棒のようなものが直接目に当たることにより眼圧を測定することができます。痛みを感じることもないので無麻酔下にて測定が可能です。ぜひお試しください。

どんどん最新の検査機器を導入しておりますので是非来院ください。

★3焦点眼内レンズ PanOptixの説明会を開催しました★

ブログには初めてですが定期的に行っている院内の勉強会の様子です。

本日、院内にて先進医療保険の適応のある日本初承認の3焦点眼内レンズの説明会がありました。
当院においては以前より自由診療にて3焦点眼内レンズは扱いしておりましたが自費診療になりますので非常に高額にて、なかなか希望される方が少ない状況でした。

今回、先進医療にて3焦点見えることにより医療保険にて先進医療特約のある方はそれにて手術を受けることが可能となりました。遠方、近方に加え中間距離もピントが合うようになったためほとんどメガネなしで生活できるようになるとのことです。

ただし、全ての方に適応になるわけではなく、個々に応じたレンズをお勧めさせていただいております。それぞれにメリット、デメリットが必ずありますのでご理解し納得していただいた上で手術していただくのが一番と考えています。

当院では自由診療、及び先進医療の使える眼内レンズを多種そろえておりますので相談して決めていただけましたら幸いです。

以前の2焦点レンズの価格は45万円、新しい3焦点眼内レンズは55万円と設定させていただきます。

☆国内初認可の3焦点眼内レンズの導入について☆

きしもと眼科の院長岸本です。

以前より当院におきましては自由診療において最新のファインビジョンという3焦点眼内レンズを導入しておりました。今回、先進医療にて認可のおりましたアルコン社の3焦点眼内レンズ「パンオプティクス」の導入を決定しました。

これにて以前は先進医療では 2焦点眼内レンズ、もしくは焦点深度拡張型 のレンズのみでしたが遠方、中間、近方と3点に焦点が合うためにほぼ全距離にてピントがあうためよりメガネの必要性がなくなると考えられます。

きしもと眼科では全ての患者様に多焦点眼内レンズを勧めるわけではなく、メリット、デメリットをご理解していただいた上で希望される方にのみ勧めさせていただいております。

詳細は後日HPにて掲載予定です。

 

 

 

日本近視学会に所属いたしました

神戸市東灘区のきしもと眼科は午後は多数の小児の近視の患者様が来られます。
このたび、さらなる勉強のために日本近視学会に所属いたしました。

こちらは日本近視学会による親子で学ぶ近視予防サイトのリンクとなります。

https://kinshi-yobou.com/

こちらにても近視の予防は

1.低濃度アトロピン点眼(マイオピン)による予防
2.オルソケラトロジーによる予防
3.多焦点ソフトコンタクトレンズによる予防
4.特殊なメガネによる予防

が言われているようですが3.4については現在のところ有用なエビデンスはないようです。4に関しては以前当院にても処方しておりましたが現在は作っているレンズメーカーがないようで中止しております。

これからも積極的な予防法があれば採用していきたく考えております。

 

サンテウェルビジョンの取り扱い開始しました。

天気が悪く梅雨入りが近づいてきました( ゚Д゚)

このたび、きしもと眼科では6月発売の新しいサプリメント、参天製薬より発売されたばかりのサンテウェルビジョンを早速導入いたしました。先日、院内にて勉強会をしたところです。

これは眼(水晶体)の老化に関連している酸化糖化に着目したサプリメントとなります。酸化と糖化が進むとたんぱく質の変化が起こり眼では水晶体の硬化、や混濁がおこることにより老眼、白内障が進行します。そのため近くのみづらさ、目がかすむ、薄暗いと見えづらいなどの症状がでてきます。ルテインとヒシ果皮ポリフェノールを配合されております。アンチエイジングにもよいかと思います。

の老化を予防するサプリメントとなります。価格は税込みで4000円と設定させていただきました。
老眼の始まるくらいの年齢である早速、私も飲み始めました。サプリメントなので効果の実感には時間がかかると思いますが飲み続けようと思います!(^^)!

https://wlv.santen-suppli.com/product-buy-form/wlv